2016年6月13日月曜日

君の青い自転車で海へ行こう!その②荒川サイクリングロードで葛西臨海公園まで

さて、荒川サイクリングコースで海までで行くコースがレンタルバイクでも人気が出てまいりました。
しかしサイクリングロードで直接葛西臨海公園まで行くことはできません。
橋を渡ったり、一般道を走る必要があり、そこで迷ってしまう人も多いようです。

まずは橋の特徴は国土交通省の資料でご案内します。











☆左岸の場合は葛西橋で中川を渡り、一般道に出ます。
葛西橋は都営新宿線の線路の次の「水色の三角が2つ」の橋です。
しばらく川と平行に走ったのち、矢印のように道なりに曲がらずに道路を渡り、
歩道を走ると通路から土手上に出ます。
そこはもう荒川河口。東京湾が見渡せます。
















画像②


☆右岸の場合は清砂大橋を渡ります。
清砂大橋は「2本の柱をワイヤーで吊っている橋」です。
橋をくぐってから大きく折り返し(画像①)
橋を渡るスロープ(右側)を進み橋を渡ります(画像②)
橋で川を渡ればすぐに茶色い路面のサイクリングロードがあります。

















画像①









画像②


葛西橋・清砂大橋ともに歩道・スロープを通行します。
歩行者には十分注意しましょう。

ちなみに…
夏はおおむねお昼ごろより南東の風(海からの風)が強くなるのが荒川の特徴です。
帰りは追い風に乗りますが、スピードの出しすぎに注意しましょう。
冬は反対に北の風が強くなります。帰りは向かい風になりますので、
早めのお戻りをおススメいたします。

グルメ情報はABC3<エービーシーキュービック>にてスタッフ藤崎までお尋ねください。

0 件のコメント:

コメントを投稿